ブログ

照明デザインってどういうものなのか

照明デザインってどういうものなのか

簡単に言いますと
・照明デザインは光が生み出す光と影をデザインします。

実は照明デザインの空間には物語りになっています。

例えば:人を癒す空間・人を引き付ける空間
と光にはいろいろな空間をつくることができます。

最近では、光による空間をつくり地域活性化につながる
交流場所にコミュニケーションデザインが盛んに行われています。

私たちが暮らす空間や人々のコミュニケーションとの関係を、
光によって空間をつくりだし魅力的な光環境を実現できます。

企業においてこれからの競争社会に生抜くためには、
「新しい価値とそれを支える構造」を生み出さねばならない
課題があります。

グローバル化が進む社会・経済をリードする人や企業を吸引できなければ、
都市の活力を維持することが難しい時代になってきました。

クリエイティブな企業や人材がそこで暮らすことに魅力を感じ、
やる気を起こす街でなければならない時代。

職住が近接し、クリエティブなライフスタイルを満たしてくれる街。

機能、空間、デザイン、サービス、アクティビティ、すべてにおい
て国際レベルのクォリティが求められてきたからこそ光空間によ
る集客「プロデュース」というのが必要性がでてきました。

照明デザインには目的に合わせた光の使い方をバランスよく組み合わること
によって光の空間に物語が出来てきます。

照明デザインの物語を説明する時に下記のような構成で説明することが多いです。

①空間コンセプト
物語のはじまりから光の空間に導くストーリー説明。

②照明シミレーション・照度分布図
新しい技術を用いた3DCG照明シミュレーションそれは明るさの度合いをビジュアル化することで
一般の方が見ても一目で照度の値がわかる分布図にしています。
照明空間をシミュレーションすることで適切な照度であることの検証を伝えするこ
とを目的としております。

③照明デザインコンセプト
「新鮮さ」「期待感」「空間の心地よさ」「ひかりとくらし」など
照明空間とは感動を共有する「場」であることを目的しています。

④照明デザイン上のポイント
光という特性を生かした内容であり
企画作品と光との関係を理論的に説明する内容が求められることが多く
技術面でのアイデアを企画に入れ込むことで作品の価値を高めています。

⑤使用する照明器具
実際存在する照明器具を使用することで、非現実的にならないようにより、リアリティを大切しております。

ほんの一例ですが大きく分けて4つご紹介します。

■商業施設のデザインには企業の集客を目的としたデザイン


企業や人材がそこで暮らすことの魅力や、やる気感を起す街づくりを目的に
「知的な刺激に満ちた場所」・「いつも未知の刺激が待っている場所」「新しいなにか」
、「他とは違うなにか」を生み出す空間をクリエイティブに光で演出

タイトル:しゃぼん玉が飛んでいるかのような!元気がでてくる空間また来たくなる場所!
グレイスフルワールド
作品説明: 「ここに来ると元気が出る」「お気に入りの場所」として長く
愛される場所づくりへとつながっていく場所

■住宅のデザイン には人を癒すテーマにしています。

住む人の心にあかりをともす住宅空間【あかりの間】
自然光、人工光の組み合わせ・多灯分散という新しい照明の考え方を
取り入れた住む人の快適さや光の楽しみ方を伝えたい。

照明デザインは単なる物理的な明るさももたらすことではなく、生理・心理にまで
も大きな影響を与えるものとして、色彩心理効果をバランスよく光と組み合わせた。

人にやさしい光空間を造りだすことで空間と調和を取れた、魅力的な光環境創造。

■店舗:光は「人を引き付ける力」があります。

 光の魔術師が魔法をかける!夢のエステサロン開業!

テーマ:ポエティックな空間

作品説明:社会問題の一つでもある地方の町の人口が消えてきている

実態をどう立ち向かうかをテーマーに

地方の町はずれでお店をもつ方々に照明空間デザインを提案。

■恋愛・結婚:この恋のストーリー

 この恋のストーリーシンデレラストーリー】

 テーマ:雪が降るホスピタリティな空間

作品説明:社会問題の一つに結婚するカップルは今後も減り続けいる現状の中、
光の空間の場を通して幸せになってもらいたい。そんな想いの空間です。

今回の説明ですこしでも照明デザインには

いろいろな目的に合わせて光の空間を演出することが

できることが理解できれば幸いです。

 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。