政策

起業・創業支援と若い世代の育成

安定した雇用を創出することで新しい人の流れをつくり中小企業への投資促進、新事業展開・新商品開発支援、人材育成・マッチング等に力を入れ雇用の場の拡大を図ります。待機児童対策等のサポートの拡充により、若い世代の経済基盤の確保と子育てに係る経済的負担軽減に努めます。

防災力の向上と防災対策の強化

弱体化している地域コミュニティの強化を図り地域が一丸となって地域の繋がりの大切さと、あらゆる災害に向けた地域防災計画と実行力の必要性を定着させます。いつ起こってもおかしくない首都直下型地震に備え、きめ細かな対策を各自治体と共有し、県内全域の防災力の向上を目指します。

照明文化の向上による豊かな社会の創造とエネルギーの有効利用」をめざし

経済はグローバル化が進んでいます。このグローバル経済に関する国際ルールの枠組み国民益実現のため経済産業省所属の弁護士とづくりは、各国の熾烈な駆け引きの舞台です。日本の国民益実国民益実現のため経済産業省所属の弁護士とめ経済産業省所属の弁護士となどと厳しい交渉を目指します。

消費税引き上げ分の使い道を変更することにより、国・地方のプライマリーバランスの黒字化の達成時期に影響が出ることが明らかであり、2020 年度のプライマリーバランス黒字化目標の達成は困難という状況にあります。歳入・歳出改革努力を徹底し、プライマリーバランスの黒字化を目指すという目標自体は維持していくことが重要と考えられています。この目標の達成に向け、プライマリーバランス黒字化の達成時期、その裏付けとなる具体的かつ実効性の高い計画を示すことが急務といえます。

持続可能な社会保障を実現するために、先送りの許されない重大問題として財政健全化が挙げられます。人口減少の大きな借金を抱えたままでは、国家の衰亡は避けられません。今後の計画作成にあたり、16年度から18年度までの取り組みについての中間評価をまとめたところ、当初目標は18年度のプライマリーバランス赤字の目安を国内総生産のマイナス1%程度としていたのに対し、今回の試算ではマイナス2.9%程度に悪化したことから、財政健全化の進め方への問題が浮かび上がります。

PAGE TOP